おそろいの結婚指輪

お互い卒業、就職してすぐの結婚だったので、貯金がなく経済的余裕がない状態でした。婚約指輪もない状態でしたが、式をあげることだし結婚指輪を用意しようとなりました。
宝石や指輪というと、東京の御徒町のイメージがあり、御徒町の宝石店をまわりましたが、値段的に難しい状態でして、結局近くのデパートで購入しました。二人で7万程度だったと思います。せめて、デザインだけでもおしゃれにと、指輪にネジリが入って中央に一個のダイヤモンド。シンプルで可愛い感じのおそろいです。ショーケースに入っていた指輪を見たとき「あっ。それがいい。」と二人一緒に感想を持ちました。考え方、感性がが一緒なのが嬉しかったです。私はキズがつかないように、そして夫もお風呂に入る時は指輪を外すので、失くすといけないからと購入した時と同じような状態で保管してました。
当時娘が出来たら、使ってくれるかしらなど思い馳せましたが、現在結婚指輪は太りすぎて私の指に入らず、そして、夫のは引っ越しの際、失してわからなくなりました。私のが一つだけ。指輪保管ケースを開ける度になんてこと!とショックでしたが、元から、夫は失くしやすいし「あれは、どこだったけな」とモノに固執しない人なので、一緒に住むようになってからは、書類やら通帳など非常に大事なものは私が管理しています。私も私の片割れの結婚指輪は今頃何処へと思いますが、今が楽しいから、夫よ!これからもよろしくねです。

関連サイト紹介

エンゲージリングは結婚を約束した女性が左手薬指にはめる指輪です。女性にとっては幸せの象徴でもあり、場合によっては結婚後もマリッジリングと重ねづけされることもあります。

結婚指輪と婚約指輪の違い

結婚を控えたカップルが購入を検討するブライダルリングといえば、婚約指輪と結婚指輪があります。婚約指輪は、その名前のとおり婚約を交わしたことを証明するための指輪です。男性から女性への愛情の証として贈り、日本ではプラチナ素材のリングにダイヤモンドがついている華やかなデザインの指輪がよく購入されます。結納品のひとつとして贈られるケースもあります。婚約指輪の相場は、時代によっても変動しますが、30万から100万ぐらいが平均的な相場になっています。1980年代の頃は、ダイヤモンドのCMの影響もあり、男性の3か月分の給料が相場となっていた時代もありました。最近は、結婚準備にかかる費用を抑えるために婚約指輪を購入しないカップルも増えています。
結婚指輪は、夫婦になったことを証明するための指輪のため、男女ともにペアのリングをお互いに購入します。結婚式の指輪の交換儀式のときには、この指輪を用います。結婚後は毎日身につけるため、デザインは婚約指輪に比べるとシンプルなデザインが多いです。一番多いスタンダードなデザインとしては、ストレートタイプがあります。それ以外には、指をきれいに見せるV字型や曲線のウェーブ型などがあります。素材は、婚約指輪と同じくプラチナ素材が主流となっています。相場は、2人合わせて20万から30万ぐらいが平均価格になっています。女性の結婚指輪の方が、小粒のダイヤモンドなど宝石が施されていることが多いため、値段が男性の指輪よりも高い傾向にあります。